痴漢@
最新 最初 🆕
#1 [曖] 09/08/30 01:09
痴漢にあう女の子の話ばかり書きます。

要望なども受け付けます。

#491 []
>>201からの続き


頭の中でそう思ったとき…


橋本先輩の大きなモノが、
あたしの中に入ってきた。


―グポッ!!グチュグチュ!!


「んああああああっ!」


あたしは初めてだったショックもあり、一段と大きな声を出してしまった。


だけど、橋本先輩のピストン運動が続くうちに、痛みは快感へと変わっていった…


「うはっ…!こいつ締まり良くてマジ気持ちいい…!」


橋本先輩は無我夢中で腰を振る。


「あんっ…んッ……//あん…あん…あんッ……//」


橋本先輩のモノが打ち付けられるたびに
あたしは場所も忘れ声をあげた…


橋本先輩が、何人もの女の人に入れたであろう、
黒く大きく反り立つモノに、あたしは快感を感じていた。

⏰:13/08/07 19:57 📱:KYL21 🆔:JPi3K.vU


#492 []
「俺のチンコ気持ちいいだろ?隼人なんかより、俺に処女奪われて嬉しいだろ?」


あたしの頭の中に、一瞬、隼人先輩がよみがえった。


憧れの…隼人先輩……


―グポッ…グチュ…グチュ…

だけど、すぐさま隼人先輩は、快楽に塗りつぶされて消えた。


―グポッ…グチュ…グチュ…グポッ…グチュ…グチュ…

目の前の橋本先輩が与えてくれる、いやらしい快楽に。


「んあッ………はい………橋本先輩の……お…ちんぽ気持ちいい……です……//あんッ………橋本先輩が………初めての人で……嬉しいですっ……//もっと………欲しいです……//……あんっ……んんッ…
…//」


あたしは、快楽のままに…
橋本先輩を選んでいた。


「ギャハハ!こいつ俺のチンコの虜になってんじゃんッ!」


橋本先輩のいうとおり……

あたしは橋本先輩のイチモツの虜になっていた。

⏰:13/08/07 20:11 📱:KYL21 🆔:JPi3K.vU


#493 []
そうこうしているうちに、フェラをさせていた先輩が、


「で、出るっ!」


あたしの口に、白濁の液体を吐き出してきた。


―ドピュッ!!…ドクッドクッ…


白濁の液体は、どんどん吐き出されていく。


あたしはそれを、こくこくと味わいながら飲み干した。


「おいしかったかい?みかちゃん?」


いじわる顔で聞く先輩に、あたしは火照り顔のまま、コクコクと頷いて答えた。


「じゃあ、俺のもしゃぶってもらおうかな?」

胸を触っていた先輩が、自分のモノを取りだし、あたしの口にあてがった。


あたしは自ら口を開けてくわえ、よだれを垂らしながら一生懸命に舐めた。


「こいつマジやべーな。自分からしゃぶりだしたぜ」

⏰:13/08/07 20:26 📱:KYL21 🆔:JPi3K.vU


#494 []
橋本先輩のピストン運動は止まらなかった。


むしろ、だんだん激しさを増していた。

…グチュッ…グチュッ…パンパンパン!!


あたしの快感も、激しさに比例して増していた。

「んはぁッ…!ぁんぁん……!!気持ちいいッ…!!あっ…んあッ……!」


あたしが快楽に浸っているとき、橋本先輩がボソリとささやいてきた。


「……中に出していいだろ?せっかく気持ち良くしてやったんだから、出させろよ、な?」


あたしはもう、考えるよりも言葉が出ていた。


「出して……下さい……」


その言葉を聞いて、橋本先輩は、ニヤリと笑った。


もちろん、他の先輩へのフェラも忘れない。

⏰:13/08/07 20:37 📱:KYL21 🆔:JPi3K.vU


#495 []
横目で見てみると、フェラをさせていた先輩は、ビデオカメラを片手にあたしを撮っていた。


マットに寝かせられ

制服のシャツは全開

ブラは上へ持ち上げられ

乳房は丸出し…

下はショーツだけを脱がされ

大きく足を開いている。


口では先輩のイチモツをくわえ、よだれを垂らしながら一生懸命にしゃぶり、

淫らな蜜が溢れるアソコからは、橋本先輩のイチモツが繋がっており、あたしに快楽を与えてくれる……


日常では考えられないような
淫らな格好…

⏰:13/08/07 20:45 📱:KYL21 🆔:JPi3K.vU


#496 []
二人目の先輩が、あたしの口に白濁の液体を吐き出してきた。


あたしは吐き出されたそれを、こくこくと味わいながら飲み干す。


そんな光景が、全てビデオカメラに撮られていた。



「みかちゃん、そろそろ出すよ」

橋本先輩が、さらに激しく腰を打ち付けてきた。


あたしは快楽のあまり、のけぞってしまった。

……もう、イきそうだった。


「出るっ!」

―ドピュッ!!…ドクッドクッドクッドクッ………

「んはぁッ…ぁぁ…
もうダメぇ……あッ!!」

―ビクビクッッ!!!!


橋本先輩が、あたしの中に、性欲の遺伝子をたっぷりと吐き出した。


同時に、あたしもイってしまった…

⏰:13/08/07 20:53 📱:KYL21 🆔:JPi3K.vU


#497 []
「ハアッ…ハアッハアッ……」

二人の荒い息づかいが倉庫に響いた。


先輩からビデオカメラを受け取った橋本先輩は、ニヤリと笑って言った。

「このビデオをバラまかれたくなかったら………分かるよな?ま、お前にはそんな脅しする必要ないか。また遊ぼうね、みかちゃん♪」

先輩たちはゲラゲラ笑いながら、体育倉庫から出ていった。


一人残されたあたしは、アソコからこぼれ落ちる白濁の遺伝子を見ていた。


薬が切れる気配は全くなく、興奮と荒い吐息だけがまだ続いていた。

いや、もうとっくに切れていたかも知れない……
だけど、そんなことはどうでもよかった……


―後日、あたしはバレー部を辞めた。

隼人先輩の残念そうな顔が、あたしの心にチクリときたが、部活をやっている場合ではなかった。


―早くヤりたい。


あたしは逸る気持ちを抑え、橋本先輩の家に向かった。

ノーブラなので、胸が揺れて、乳首がブラウスに擦れる。
気持ちいい。

ミニスカの下はノーパンで、早くも溢れる蜜のせいで、アソコがスースーする。


全て、橋本先輩の命令。

⏰:13/08/07 21:52 📱:KYL21 🆔:JPi3K.vU


#498 []
「よく来たねー、みかちゃん♪」

橋本先輩が出迎えてくれた。


部屋に連れていかれると、数人の男の人がたむろしていた。

全て、橋本先輩の友達。

全て、あたしを犯しに来た人達。

「橋本ー。この娘が例の娘?」

「かわいーじゃん」

「中出しOKってマジ?」

男達数人が、橋本先輩に質問していった。

あたしは、これだけの男に犯されることと、これから始まる快楽を思っただけで、イきそうになった。


その日、あたしは気を失うまで輪姦された。

たくさんの男の性欲処理に使われた。

もちろん、全て生で。たっぷり中に出された。

でも、気持ち良かったから、どうでもよかった。


毎日毎日、あたしは先輩の家に通いつめた。


橋本先輩が与えてくれる、快楽の為に………


     ―BAD END―

⏰:13/08/07 22:12 📱:KYL21 🆔:JPi3K.vU


#499 [我輩は匿名である]
>>100-200

⏰:15/10/01 06:15 📱:302KC 🆔:ipEkMeCA


#500 [我輩は匿名である]
>>200-300
>>300-400
>>400-500

⏰:15/10/01 06:16 📱:302KC 🆔:ipEkMeCA


★コメント★

←次 | 前→
↩ トピック
msgβ
💬
🔍 ↔ 📝
C-BoX E194.194