無垢の終結【R-18】
最新 最初 🆕
#1 [あいか] 10/02/06 21:31
のんびり書いていきますので気長にお待ちください(^^)

なおこの小説はR-18の内容を多く含みます。
苦手な方はご注意下さい。

#67 [我輩は匿名である]
あげぽよ

⏰:14/02/23 20:56 📱:iPhone 🆔:☆☆☆


#68 [まみ]
男の勃起したそれを舐めたい一心で、リカは必死に舌を伸ばした。
男たちはにやにやといやらしい笑みを浮かべながら、それを眺める。

「そんなにしゃぶりたいか、この汚いチンポ。」

「はいッ!おチンポ様欲しいです!!わたしの口マンコでしゃぶりたいです!!!」

リカが押さえつけられた腰をくねらせながら言う。

「おまえほんとにチンポのためなら何でもするのな。」
「チンポ奴隷か?とか言って。」

⏰:14/07/21 02:42 📱:SH03E 🆔:AjmUnphk


#69 [まみ]
リカは完全に理性を失っていた。
大きな胸をぶるんぶるんと揺らし、腰をくねらせ、不細工な顔をにやつかせた男たちに必死に媚びた。

「あ〜俺やばい。」

右手にビデオカメラを持った男が、左手で自身をしごく。

⏰:14/07/25 21:51 📱:SH03E 🆔:MFcRZLvU


#70 [まみ]
「うっ…。」

男のちんぽから白くねっとりとした液体が飛び出し、リカの体を汚した。

「いやっ!」

反射的に体をよじると、別の男が不満そうに声をあげた。

「はあ?いや?お前ちんぽ奴隷の分際で何言ってんの?」

⏰:14/07/25 21:54 📱:SH03E 🆔:MFcRZLvU


#71 [まみ]
「仕置きだな…。」

低く呟くように男が言った。
リカの髪を掴んで引き下ろす。
片方の頬を床に押し付けられて、尻を高く付き出している。
腕は後ろ手に縛られて、男たちの視線に晒されていた。

⏰:15/02/09 03:39 📱:SH03E 🆔:jl7w92ek


#72 [まみ]
ああ…!恥ずかしい!
こんなにも低俗な男共に、奴隷のように扱われている…!
汚いチンポの前で土下座をして、女の大切な部分をこんなにも乱暴に扱われている…!!

考えれば考えるほど、リカの真っ赤な下着に染みを作った。

フン、フン、と男の鼻息が間近で聞こえる。
恥ずかしい染みを、男が足で踏みにじった。

⏰:15/02/09 03:44 📱:SH03E 🆔:jl7w92ek


#73 [まみ]
「見ろよこいつ、マジで濡れてるぜ。」

「本当にお前ドMなんだな。こんなことされて興奮してよ。」

「オラ!もっと股開け。尻を高く突き出せよ。」

言いながら、男がぐりぐりと足で踏みにじる。
リカは、その度に情けない喘ぎ声をあげて、股を濡らしていた。

⏰:15/02/09 03:48 📱:SH03E 🆔:jl7w92ek


#74 [まみ]
「じゃあいよいよこのAV最初の山場、リカのまんこのお披露目といくか!」

「はずかしいなあ、ケツの穴まで同時に大公開だぜ!」

「マジで完成したら部室で上映会しようぜ!」

言いながらビデオを接近させる。
テレビの画面いっぱいに、赤い下着に包まれたリカの尻が映し出された。
男たちの言う通り、確かにそこにはいやらしい染みがじんわりと広がっていた。

⏰:15/02/09 03:52 📱:SH03E 🆔:jl7w92ek


#75 [まみ]
「じゃあカウントダウンいっちゃおうか!10!9!」

心底愉快そうな男たちの声が響く。
リカは相変わらず頬を床に押し付けたまま、屈辱的な姿勢のままで、興奮していた。

男がはさみを取り出して、リカのパンツに当てる。
カウントダウンの数字が小さくなっていくとともに、はさみが僅かに閉じられていく。

⏰:15/02/09 03:55 📱:SH03E 🆔:jl7w92ek


#76 [まみ]
「ああっ…!だめ!!お許しください!!!わたしの恥ずかしいおまんこ見られちゃう!!!淫乱まんこみんなに見られちゃう!!!」

リカが身を捩りながら叫ぶたびに、男たちが興奮して笑う。

「2!1!0!」

「チンポ奴隷の穴ご開帳〜!!!」

パンッと布が弾けた。
と、同時に、大きなテレビ画面には、いやらしいよだれを垂らしたリカのまんこが、ひくひくと物欲しげに蠢いていた。

⏰:15/02/09 04:11 📱:SH03E 🆔:jl7w92ek


★コメント★

←次 | 前→
↩ トピック
msgβ
💬
🔍 ↔ 📝
C-BoX E194.194